アルミな日々
「アトリエ・アルミニウム」管理人の日記。 まったくもう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総括
学ぶべきこと多かりしひととせを返りて見れば日の溜まりつる







相変わらずこの世界を憎み続けている。
自分はこの世界にいるべき人間でないことを自覚している。
けれど、楽しいことがないわけじゃない。
愛憎が表裏の関係にあるのならば、
この世界のことがどうしようもなく私は好きだ。



友人の大切さを痛感した一年だったが、
特に二人の友人から多くの言葉をもらった。
一人は私とよく似ている人。
一人は私に強い言葉を与えてくれる人。
初めから最後まで、二人の世話にならなかったことはない。
生きていきたいと思った。
迷惑な話かもしれないが、
また力をもらうことになりそうだ。

それとは別に、学部の友人氏には特別に感謝している。



ある人と長い間対話を続けた。
そのことによってとても傷つけられた。
反対に私も随分その人を傷つけた。

時間が経てば心のある部分は浄化されることを知り、
反対に心のある部分は時間によって蝕ばまれることを知った。
言葉によってその傷は癒されるが、
決してその傷跡が消えることはない。
しかしそれを背負ってなお私は踏みとどまらなければならない。
私はまだ生きていたいのだから。
それが生きるということだと教えてくれた人もいるのだから。

憎んでいた人が懐かしい思い出に変わる感覚。
今思えば私は未熟すぎたし、
そのせいで絶対にしたくなかったことを知らず知らずしていた。

お前は悪いことをしたと言ってくれた人がいた。
良くはないが、仕方がなかったと言ってくれた人もいた。
どちらの言葉も有り難かった。

最後の最後でそれに気づくきっかけをくれた人がいた。
その人と話ができたことで、欠けていたものを拾えた気がする。
欠片を眺め、見回し、時には削り、時には継ぎ足しながら、
私は他人を傷つけたナイフを捨てることなく生き続けるだろう。

ナイフにこびりついた錆が、今は愛おしい。



細かなこと。

夏の国際展示場の祭に行った。

ネトゲを辞めようと思って復帰し、
また辞めようかどうか迷っている。
とりあえず冬休みなので完全撤退は頭にない。

ネトゲのオフ会に行った。
あんまり知ってる人いなかったけど……。

免許を取った。

サンホラに感動した。

ひぐらしからとても多くのことを学んだ。

シャトナーさんの芝居が気に入った。

生理学Ⅱの単位を落とした。



ありがとう。

来年がいい年になりますように。



憎みつつこの世のうきを愉しみつとせの過ぐるに袖濡らしつつ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 自分に似てると感じたあなたが、
 生きてる資格がないとか思ってしまうのを哀しく思うのは、
 自分を哀しく思うのとおんなじかもしれない。。


 生きるのに、資格なんていらない。。と信じたいです。


 誰かが生きるのを大変に感じてしまうのは哀しいです。。それは、私が生きるのを大変に感じてしまうから。。
 自分が感じてるくせに誰かが感じてると止めたくなる、、ごめんなさい。。
 ほんとは自分を止めたいだけなんですよね。。たぶん。


 初日から暗くなってごめんなさい。。

 
 今年があなたの笑顔がいっぱいの一年になりますように☆
 あなたが、お友達に囲まれてると感じられてるのはとても嬉しいことです。。
 似たようなことを前も書きましたが何度でも。。
 あなたがもらったあったかいものを、こころにおいて生きるのが絶対いいです。。。
 そして生きて、あったかいものをかえそうと考えましょう。。

 えらそうに言ってごめんなさい。。。
2007/01/01(月) 05:23:38 | URL | けい #-[ 編集]
ことしもよろしくです
いつもコメントをくださってありがとうですよ^^

資格と言えば資格なのかもしれないですね。
私はこの世界からどうしようもなく排除されるような印象を受けることがありますが、
それは暗に資格がないと言われているのかもしれません。
まあ、資格がないならないで、無法者として細々とやっていきますがねw

去年は良い年でした。
良いことも悪いこともありましたが、
私がこれから生きていく上で重要なことをいくつも示唆された気がします。
その意味では、少し遅れた成人の洗礼を受けたのかもしれないですねえ。

今年に生かせるように頑張りますよ( `・ω・´)

2007/01/02(火) 02:34:22 | URL | あまね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。