FC2ブログ
アルミな日々
「アトリエ・アルミニウム」管理人の日記。 まったくもう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑考
回復期にあるようだから、
きちんとした形で今の自分の考えをまとめておこうと思う。

心理屋のお姉さんが言うには、
私は恋愛のことばかり考えすぎなのだという。

いや、意図的に部分的な曲解を交えての要約だが。


何にせよ、もともと恋愛体質ではない私は、
今の状態を十二分に楽しんでいると言えると思っている。


人を愛さない状態というのは楽だ。
自分のことだけ構っていればいいのだから。
まあ、現在はハムスターも構っているがね。


研究室に何度か行く間に、
どうして自分が今ここにいるのか、ということを、
たくさん考えてみた。

そうしたら、自分の興味がある分野を見つけられた。
いや、自分の興味はもともとそちらに向いていたのだが、
いろいろと周囲のことに忙殺されるうちに、
どうやら見失っていたようなのだ。
そういう意味では再発見と言ってもよいだろう。


私は周囲の環境がどう脳内で再現されているのか、
つまり人間がどのようにして自分のいる世界を認識しているのか、
そういったことに興味がある。
忘れるといけないから書いておこう。


方向性がはっきりしてくると物事が明確に見えてくる。
論文も目的を持って読めるようになったし、
この夏何を勉強しなければならないのか、
自分なりに整理がついたような気がする。


思えば私の周囲の環境は周りに左右されてばかりだった。
今のバイトを始めたのも別れた相方がきっかけだった。
まあ、今のバイトは気に入っているし、
楽しく働けて賃金も悪くないので、
そうしたきっかけのことは綺麗に忘れ去っている。
研究室に入ったのも別れた相方に影響されてのことだ。
まあ、それも綺麗に忘れている。


今が楽しければそれでいい。
過去のことなんかどうでもいい。
未来のことはこれから考えればいい。
今は今に目を向けるべきだと思う。


本屋に寄ってみた。
読みたい本など一つもない。
みんな気取って話を書いているような気がするからだ。
自分の世界を紙の上に必死で表現しているような気がしない。

自分はどうなのだろうか。
少なくとも人にどういう批判をされようが、
一生懸命自分の世界を表現したいと思う。
誰に何をどう言われようが関係ない。
自分が見つめるのは自分だけだ。
自分の世界を人が読める形の世界へと表現する、
それがものを書くということではないだろうか。
だったら少なくとも人の批判など構っている暇があったら、
手を動かすのが先だ。


そうだ。
他人の言うことに耳を傾ける暇があったら、
自分の心の声に耳を傾けてみよう。


もちろん、もう二度と間違いは犯したくないから、
大切な友人の助言だけは聞き入れる心づもりでいるがね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。